CB400SF VTECで、いつもの温泉・ランチ+花見

CB400SF VTECで、いつもの温泉・ランチ+花見

2012年4月17日 | CB400,バイク屋のかみさん,ホンダ

桜とCB400SF

今回は、下取りに入ったCB400SF HYPER VTEC整備して「温泉・ランチツーリング」+花見です。

今さら250ccや400ccのバイクに?って思う自分がいましたが、先日CBR250Rに乗ってツーリングへ行ったことで、自分の250や400ccのバイクに対する感覚はまるで、「時計の針が止まったまま」のごとく昔のままで、最新のHONDA CBR250Rも、所詮250だから「こんな感じなんだろうな・・・」と思っていた固定観念は、良い意味でことごとく崩れ去りました。

オートバイ屋としての情報提供は、まずは自分が乗る事により実体験からの正しい感覚を伝えなければ、と改めて実感しました! 

その思いから「いつもの温泉・ランチツーリング」+花見は、下取りに入ったCB400SF HYPER VTEC を整備して乗ってみることにしました。

前回のCBR250Rと比べ、今回のCB400SFは下取り車ということもあり、グリップヒーターも、ナビも、スクリーンも付いていないので、辛いかも?と思いつつ、花見と言えば先ずは多治見の「虎渓山」。でもまだ3分咲き。そのまま山を下って「修道院」辺り。これもまだ3分咲きだったのであきらめて、今日の目的地に向かい走り出しました。

CBR250Rの軽快な走りに比べると、久しぶりに乗る400ccは全然乗っていなかった車両でもあるので、何となく全体に渋い感じがして乗りこなせない・・・大変な日になるかも!?

国道19号から66号、418号へ。平谷村の入り口で梅が満開だったので、曲りくねった道を10数km程のんびり走ります。わずか2100kmしか走っていないCB400SFなのでタイヤの山は充分にあるけれど、劣化しているのか、はたまた久しびりの400ccのバイクに戸惑っているのか、何かしっくり走れない。

梅とCB400SF  

不動の滝のカンバンが目に付いたのでちょっと一休み。水がすご~く綺麗で、夏に来ると涼めるだろうな~と思いながら、信州平谷村の道の駅に到着です。

不動の滝

昼時を過ぎていたのでとりあえずランチを。「おすすめの平谷定食¥980」と書いてあったので、思わずつられて頼みましたが、ま~ま~でした。ただ平谷村の辺りは馬刺しが有名と後で知り、¥1200だったのでシマッタ残念!

今日の温泉は道の駅に隣接する「ひまわりの湯」に入りました。内風呂も、露天風呂も広く、お湯もツルツルで、ますます綺麗になったかも??(それはないか^^:)

ひまわりの湯

さっきまであんなに天気が良かったのに、露天風呂に入っていたら雨が降り出して・・・シマッタ!タンクバックを付けたままだった!!

慌てても仕方ないのでお湯から上がって、休憩室で1時間くらい・・・とうもろこしソフトクリームが目に付いてしまい、また休憩。

雨も上がり153号を清内路方面へ走り出す。まだ重さとポジションに馴染めないままに、ストレートではVTECが作動して心地よく楽しいけど、コーナーになると今一つでギクシャクして止まりそうな時も・・・。

もう少し乗りこなさないと・・・と思い、7号線を馬籠方面に走りましたが、大小コーナーが永遠と続くような気がしてきて、真っ直ぐ19号線に行けばよかったと反省^^:。

今日はタンクバックを付けてきたので、少し前傾になるポジションも3点支持で?手首も肩も腰も首も痛くありません。漬物をおみやげに買って入れる所もあるしね。

帰りは、中津川ICから中央高速に乗ることにしました。ウインドシールドがないので、常用速度プラスαで走ると風圧が少し気になりましたが、安全運転で流しながら帰ってきました。

それを思うとCBR250Rのシールド自体は低いようですが、かなりのプロテクション効果だと実感しました。

本日の走行距離は、乗り慣れないのか?しっくりこないのか?CB400SFのせいか?距離も延びずに200kmぐらいのショートツーリングとなりました。

花見は、自宅の手前5km程の小渕ダムの桜が満開で一番綺麗でした。

可児小渕ダムの桜とCB400SF

バイク屋のかみさん

  • 店長:小藤哲朗
  • アフターメンテナンスにおきましても、経験したことをプロとしてユーザーの愛車にフィードバックすることを心がけています。