メンテナンス

初回エンジン調整 -Triumph ストリートトリプルR-

ストリートトリプルR エンジン調整

当店のストリートトリプル試乗車の慣らし走行が終わりましたので、最初のエンジン調整を行います。

今回のエンジン調整は、ノースウイングJCの高田社長にお願いして、ノウハウ、アドバイスを頂きながら行いました。

まずはバルブクリアランスの調整ですが、このストリートトリプルRは、エキゾーストバルブクリアランスが6個全部規定外でインテークバルブ側が2個規定値MAXギリギリでしたので、シム交換をして調整をしました。

再度測定をし、すべてを組み込み、最後にノースウイングJCのメカニック高田明さんにプラスαのノウハウを注入していただきました。

ストリートトリプルR シム交換 ストリートトリプルR インジェクション調整

エンジン調整するとトルクが太くなったり、またエンジンの吹けあがりがよくなって谷間がなくなり、さらに低速・低回転での粘りも出たりします。この状態こそが、そのバイク本来の性能ということでしょうか。

バイクからの情報を感じやすくなるので、よりバイクを楽しめるようになると思います。

エンジン調整は初回点検時にぜひしておきたいメンテナンスなのですが、このような調整をしてバイクのコンディションを整えているところはほとんどないのではないでしょうか。マフラーなどを変えたりすることよりも、まずやっておきたい事の一つだと思っています。

エンジン調整などのメンテナンスは、やはり経験がものを言いますので、これからも車両のコンディションを整えながら、より幅広く楽しめる車両に仕上げていきます。

調整後の様子はバイク日誌に載せていますので、こちらもご覧ください。

少しでも気になる方は、ぜひお気軽に、ご来店・ご試乗ください!

ノースウイングJCの高田社長は、僕が知っているだけでもTRIUMPHボンネビルがリバイバルで販売されてから10年以上モダンクラッシック乗り続け、素地の良さを活かしながら本当に楽しめるバイクにするため、試行錯誤を繰り返しノウハウの蓄積と研究・開発をされています。

  • 店長:小藤哲朗
  • アフターメンテナンスにおきましても、経験したことをプロとしてユーザーの愛車にフィードバックすることを心がけています。